メニュー

勝呂医院の内視鏡検査①(上部内視鏡)

上部消化管内視鏡検査は食道・胃・十二指腸などの上部消化管を調べる為の検査です。

通称胃カメラといわれますが、胃だけをみるわけではなく、上部消化管全体の観察を行います。

食道癌、逆流性食道炎、胃癌、胃潰瘍、慢性胃炎、胃ポリープ、十二指腸潰瘍などの病気の検出が可能です。

精査が必要な病変を見つけた場合は生検を行い、病理組織検査で診断します

またアニサキスや入れ歯などの異物を取り除くこともできます。

胃の痛み、むかつき、胸焼け、違和感、嘔吐、食欲がない、体重が減った、などの症状がある方、今まで一度も上部内視鏡検査、ピロリ菌の検査を受けたことがない方にお勧めする検査です。

◆当院の上部内視鏡検査の特徴◆

・細いスコープを使用

・経鼻内視鏡選択可能

・鎮痛剤(眠くなる点滴)使用可能

・検査後すぐの結果説明(病理結果は除く)

・予約不要

・当日検査可能

食事を控えていただければ(午前検査:前日21時から禁食、午後検査:当日8時から禁食が目安です)来院後すぐに検査できます。基本的には毎日午前午後検査可能ですが、お電話でご確認いただけると確実です。

*それぞれの患者様にあった苦痛の少ない内視鏡検査を心がけております。初めての方、苦手な方、検査を迷われている方、どうぞお気軽にご相談ください。

icarus005様ご依頼ゆるかわ似顔絵C-4

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME